クレジットカードの分割払い手数料を通して考える時代に応じた個人のアップデート

現在ほどクレジットカードが流通している時代はかつてありませんでした。お財布のなかに異なるクレジット会社のカードが何枚も入っている、という状態なのは決して私個人に限ったことではないでしょう。その利用状況に応じたサービスやポイント、付帯特典などもたくさんあり、なかなか利用価値が高いと言えます。

さて、その支払い方法も、一括払いからリボ払い、そして分割払いなど様々に分かれています。基本的には一括払いが明朗なのですが、高額で一括払いが困難なときにはリボ払いや分割払いがおすすめです。
なかなか現金では手にできない商品やサービスを、複数界に分けて返済できるという設定のために、自分で入手または利用できることはありがたいと感じます。

しかし、気を付けてなくてはならないことも存在します。一見、単独の買い物においては分割払いで得をしているように思い込みがちですが、別件で何度も分割払いを選択すると結局のところ翌月の請求日にかなりまとまった額の請求が手元にやって来ます。現金ならば手元に実際にある額以上は伝えませんが、カードですとついついその利便性に盲目的に使用しがちで、請求が来たときに後悔するというようになってしまっては本末転倒です。

もちろん、クレジット利用時にはなんとかなると根拠のない自信があるのですが、これはあくまで幻想で、積み重なると思いの外高い金額に到達します。ぜひ、明細をこまめに控えて累計どのくらいのしよう状況にあるのか、を常に確認した上で使用するに越したことはありません。

また、クレジットカード会社によっても異なるのですが、返済時の手数料にも注意が必要です。利用金額が高ければ手数料などほんのはした金、と思ってしまいがちですが、度重なると累計でなかなかの額になってしまいます。これならば、分割払いをやめておけばよかった、という額を結果的に手数料として払いたくなければ、やはり計画的な利用をすべきです。
これだけクレジット社会が実現された現在、一人一人の感覚もしっかりとアップデートしていきたいものです。